Q1 幼児から英語を勉強させる必要がありますか?

このようなご質問をよくいただきます。当教室の答えはNO!幼児に英語を「勉強させる」必要はありません!

 

「英語教室なのに・・・?」と不思議に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

しかし、この「勉強させる」がポイントなのです。小さいお子様をお持ちで、そろそろうちの子にも英語を勉強させたいと思われている親御さま、「絶対に、子どもに英語を勉強させないでください!」

 

幼児にとって、日常のあらゆることがすでに「学び」です。遊びの中ですら、子どもは多くのことを感じ、学び、体得しているのです。だからあえて英語を教え込んだり、勉強させたりするのは逆効果です。子どもが英語嫌いになりますよ!

 

当教室では、親御さまに「英語を勉強だと思わせないでください」とお伝えしています。ご自宅で「今日は何を習ったの?英語で言ってみなさい。」など決して言わないでください!

 

子どもは大人に「勉強させられている」と感じた瞬間に、英語への自由な興味を失い、大人と同じく「教科」として英語を見るようになってしまいます。お父さん、お母さん、ご自分の経験をぜひ振り返ってくださいね!あなたは英語の「勉強」が好きでしたか?

 

そうは言っても、幼少期から英語に触れさせたい、将来英語で困らないようにさせたい、というのが親心というもの。その考えは全く間違っていません!ではどうやって子どもに英語をやらせたらいいのか・・・。

 

それは、自然な遊びの中で、子どもが安心できて楽しいと思える環境で、よく練られ注意深く選ばれた英語を何度も聞かせることです。当教室では、一回のレッスンで数種類のゲームをします。これは言わば英語を使った遊びです。

 

子どもは思い切り楽しみながら英語をあっという間に覚えてしまいます。そして、その後、次のレッスン日まで家で何もしなくても、みんな前回よりも上手に発音できるようになっています。不思議ですが、本当なんです!ゲームを楽しむ中で、強い興味を抱いて全身で英語を学んだため、時間とともに記憶として定着したのかもしれません。

 

もう一度言います。英語を勉強させてはいけませんよ!楽しい英語遊びで英語を大好きにさせてあげてください。それだけで、時期が来たら勝手に勉強するようになります!英語を好きにさせること、これこそが親の唯一の、そして最大の務めではないでしょうか。